新潟県内にある、日帰り温泉施設を併設するホテルの駐車場での光景です。
 
イメージ 1
 
かなり大きな源泉の池があり、中央部から勢いよく飛沫が上がっています。これは圧巻です!
間欠的に強弱を繰り返しています。
おまけに、飛沫とともに強烈なアブラ臭を放ちます。これはもうたまりません。
 
イメージ 2
 
別のアングルから。ツインタワーのような源泉の噴水。
そして何といっても音がすごいんです。「グオー、グオー」とまるで怪獣のうめき声のようです。
そういえば、ウルトラマンシリーズで海や湖から怪獣が出現するときは水面がこんな感じになりますよね(笑)
 
イメージ 3
 
源泉は側溝に豪快に捨てられます。もったいない!
 
イメージ 5
 
池はかなり大きく、噴水から遠ざかったこの辺は入り心地がよさそうですが・・・
 
イメージ 4
 
この温度。果敢に挑んだ「先人」は、果たして存在するのかしないのか。(やっぱりいないかな)
 
イメージ 6
 
ちなみに、すぐ近くには「足湯」があります。
 
イメージ 7
 
こちらは見事に適温!「ここならいける・・・」とよからぬことを考えてしまいそうです。
そうそう、先ほど「足湯」と書きましたが、今思えばどこにも「足湯」という表記はありませんでした。
さらに利用可能時間の案内や利用上の注意などのカンバンも一切ありません。
これは「どうぞ好きなように使っていいですよ」ってことなのでしょうか。
もっとも、目の前の日帰り温泉施設に入れば済む話なんですけどね。