時間の制約もあり、今回の下呂温泉の旅で入ったのは結局噴泉池だけでした。
でも、下呂の市街地ではあちこちで温泉を見かけました。まとめて紹介します。
 
イメージ 1
 
まずはこちら。下呂駅の2・3番ホームにある手湯。列車待ちの間にかじかんだ手を温めるのにいいですね。
 
イメージ 2
 
裏側の説明文によれば、下呂温泉は草津・有馬とともに天下の三名泉。
温度は50℃、泉質は単純硫化水素泉とあります。
 
イメージ 3
 
こちらは下呂の駅前広場にある手湯。竜の口から勢いよく源泉が出ています。
 
イメージ 4
 
続いて下呂駅のすぐ裏にある温泉スタンド。ローリーでの利用も多いみたいです。
 
イメージ 5
 
その温泉スタンドに隣接して湯元があります。かなり大きくて、ランドマークのような存在感があります。
 
イメージ 6
 
その湯元にもこのような手湯があります。
 
イメージ 7
 
これは飲泉してもよいということでしょうか。飲んでみましたが、まろやかで口当たりのよい温泉でした。
 
イメージ 8
 
さらに、下呂大橋のたもとにもこのような手湯が。本当にたくさん手湯があります。
 
イメージ 9
 
おまけにこのような垂れ流しもありました。洗面器があるということは、地元の人が洗い物でもするのかな。
今回は短時間の滞在でしたが、次に来る時は泊まりでじっくり滞在してみたいと思っています。