北東北遠征で岩手県に行った時のことです。こんな場所に辿り着きました。
 
イメージ 1
 
あれ、行き止まりだ・・・と普通の人なら引き返してしまいそうな場所ですが、私の場合、ここが目的地です。
 
イメージ 2
 
あっ、ゲートの向こうにお目当てのものを発見!接近してみましょう。
 
イメージ 3
 
わ~、これですよ、この垂れ流し温泉。以前から気になっていたんですよね。遂に対面することができました。
 
イメージ 4
 
それにしても、何でこんな垂れ流し方をしているんでしょうね。
推察するに、トラックの荷台のローリータンクに注ぎやすくするためなのかなと。
(でも、ローリーで利用しているという話は聞いたことがありません)
 
イメージ 5
 
すぐ側には知る人ぞ知る湯船が。できればこれに入りたかったのですが、動かすことができませんでした。
ならばホースを使ってここに湯を注ごうかな・・・いや、車にはヤツがいる!
 
イメージ 6
 
ということで、たらいをセット。垂れ流された源泉で周囲がかなりぬかるんでいますけど。
これはちょっとしたたらい舟気分かも・・・(←どこがだ!)
 
イメージ 7
 
湯の温度はご覧のとおり。猛暑の日なら気持ちよく浸かれること間違いなしですね。
 
イメージ 8
 
まるで雨漏りした箇所にたらいを置いたみたいな感じ。いよいよたらいが源泉で満たされました。
 
イメージ 9
 
う~ん、我ながらこれはかなりバカバカしい。この夏の思い出として、そっと胸の奥にしまっておこう・・・(=封印)