昨年、アプローチを試みるも増水により断念せざるを得なかった川原湯に、今回リベンジしてまいりました。
河川敷をてくてく歩いていると・・・
 
イメージ 1
 
あっ、早速白濁した水溜りを発見!どうやらターゲットはこの辺りにあるようです。川原へ下りてみましょう。
 
イメージ 2
 
しかし、履いていたサンダルがぬかるみにはまって歩きづらいのなんのって。これには苦労しました。
 
イメージ 3
 
調べてみると、至る所で湯が自噴しています。この状況からして湧いているのは硫黄泉で間違いなさそうです。
 
イメージ 4
 
ポコポコと泡を伴って湧き出す湯。つまり、この湯溜り自体が足下湧出の極上湯船という訳です。
 
イメージ 5
 
下流方向に移動すると、見覚えのある光景が。湯の流れを堰き止めるべく、石が組んであります。
先人達が思い思いに川湯を楽しんだ結果、このような状況になったのでしょう。
 
イメージ 6
 
やがて湯の川は本流に合流します。猛暑の頃なら、この辺で入浴してもよさそうです。
 
イメージ 7
 
合流直後にある堰が温泉成分で変色しています。堰の下は深さがあっていいのですが、この日は冷た過ぎ。
引き返して入浴に適した場所を探しました。
 
イメージ 8
 
少し温めではあるけれど、この辺がよさそうかな。
 
イメージ 9
 
ということで無事入湯達成。寝そべれば肩までしっかり浸かれて快適でした。
しかし、川底から熱湯が湧き出しており、下手するとお尻を火傷しそうになります。
ちなみここ、国道のすぐ脇なんです。こんな場所に湯が湧いているなんて、本当に凄いですよね・・・