今回ご紹介する温泉も、初訪問の時には入ることができなかった温泉です。
 
イメージ 1
 
リベンジのために訪れたのは青森県内某所の団地。側溝からもうもうと湯気が立ち上っています。
 
イメージ 3
 
この団地は温泉付きの分譲地で、その一角にあるこちらの装置が源泉井戸のようです。
 
イメージ 4
 
源泉は供給過剰のようで、こんなふうに側溝にドバドバと捨てられています。本当にもったいないですよね~
(排水溝がマイナーチェンジしていました。去年と違い、上部が塞がれています。)
 
イメージ 2
 
緩い坂道なので側溝の湯は勢いよく流れていきます。側溝に塩ビパイプを置けば、湯は簡単に導けるでしょう。
 
イメージ 5
 
しかし、難点は熱すぎること。十分冷まさなければ、道端でのたらい入浴は無理です。(←道端はまずいでしょ)
 
イメージ 6
 
そこで狙っていたのはこちら。側溝の湯が沢に流れ落ちる所です。ここで打たせ湯を楽しもうという訳です。
 
イメージ 7
 
しかし、前日の雨の影響で沢は増水。茶色く濁ってしまっています。実は去年も同じ状況でした。
本当についてないです。でも、今回は簡単にはあきらめませんよ。で、結局どうしたかというと・・・
 
イメージ 8
 
ちゃんと入りました。しかし、湯は激熱、沢は超冷たい!なかなか過酷な湯浴みとなりました。
もし沢の水量が少なければ、なかなかいい“洞窟風呂”になりそうなんですけどね。