青森駅到着後、寝台特急日本海の旅の余韻にしばらくの間浸っていました。
 
イメージ 1
 
車庫へと回送される列車を見送ると、雪のホームに一人取り残された私に、そこはかとない寂しさが襲いました。
 
イメージ 6
 
新青森駅に主役の座を奪われた感のある青森駅ですが、私はこの青森駅の雰囲気が大好きです。
やはりブルートレインの終点にふさわしい風格を漂わせているような気がするのです。
改札を抜け、青森の町を歩き始めた時、いろいろな思いがこみ上げてきました。
 
イメージ 7
 
青森に着いたら行こうと決めていた場所がありました。それはアスパムの近くにあるのですが・・・
あっ、どうやらここのようですね。
 
イメージ 8
 
先輩に勧められた「まるかいラーメン」です。一度行ってみたいと思っていました。
 
イメージ 9
 
この距離まで近づくと、煮干しのいい香りが漂ってきました。期待が高まります。
 
イメージ 10
 
時刻は10時過ぎ。朝食には遅く、昼食には早い時間ですが、何人かのお客さんがいました。
さすがは人気店だと思いました。(この写真のどこかに、この店の“名物”が写ってます・・・笑)
 
イメージ 11
 
メニューはシンプルで、醤油ラーメンの大盛と中盛しかありません。(レジではおにぎりも売ってます)
私は先輩からレクチャーを受けていたので大丈夫でしたが、初めての人には戸惑う点が多いと思います。
 
イメージ 12
 
おお~っ、これは美味しそう♪煮干しの香りがプンプンなのに、スープはすごく澄んだ色をしているんですね。
麺は白くストレートで、まるで細いうどんのようです。スープはちょっと酸っぱくて、これもまた新鮮な感覚でした。
青森の人でも好き嫌いが分かれると聞いていましたが、何となくその理由が分かる気がしました。
私は気に入りましたよ。
 
イメージ 2
 
すっかり満腹になって、再びぶらり歩き開始。途中、昭和の香り漂う看板を見かけました。
 
イメージ 3
 
駅前に戻ってきました。アウガの地下にある市場に行ってみましょう。
 
イメージ 4
 
平日の中途半端な時間帯ということもあってか、市場は閑散としていました。
 
イメージ 5
 
ここで私は好物の「味よし」を箱買い。この市場だと、市中のスーパーよりもかなり安く買えるんですよ。
そして、黒石市で作っている日本酒も購入しました。この後は温泉に向かう予定です。