長野県のとある垂れ流し温泉が、最近枯渇したらしいとの情報が入り、現状を確かめてみたくなりました。
 
イメージ 1
 
現場に到着しました。石垣の上にはコンクリート製の怪しげな物体が。
まるでベールのようにブルーシートが被せられています。塩ビパイプも大いに気になるところです。
 
イメージ 2
 
しかも、こんな立派な看板まで設置されています。どうやらマイナーな観光スポットになっているようです。
 
イメージ 3
 
コンクリート枡からはホースが延びています。栓を開いてみると、冷たい水が流れ出しました。
これが看板のいう「半過観音大慈の湯」なのでしょうか?
 
イメージ 4
 
温度を測定してみると、たったの9.9℃しかありません。しかも、完全に無色透明無味無臭。
これは単なる沢水なのか?先人によれば、かつては温度はなくてもはっきりした硫黄臭が感知できたのだとか。
たらいで入るには全然問題ないロケーションなのですが、結局入浴はしませんでした。
 
イメージ 5
 
決定的だったのは、現地にあったこの表示。でも、どうもすっきりしません。利用できない理由は何なのか?
ホースから冷水が出てきたということは、少なくとも「枯渇したから」という訳ではなさそうです。
泉質の変化により、温泉法の定義を満たさなくなったから?
「現在ご利用できません」という表現は、近い将来再開することをほのめかしているような気もするのですが・・・