子どもの頃、夏が来るとよく川遊びに行ったものです。あの無邪気さは、いったいどこへ行ってしまったのか?
 
イメージ 1
 
たまには童心に返って川遊びを楽しもう・・・そう思って宮城県の川にやって来ました。
うん、なかなか気持ちのいい場所ではありませんか。ここは一度探検してみたいと思っていたんですよね。
 
イメージ 2
 
すると、早速興味深い光景に出くわしました。川に小川が流れ込んでいるのですが、よく見ると藻が生えてます。
 
イメージ 3
 
試しに手を小川に浸してみると、案の定、温湯でした。この先の湿地帯で湯が湧いているようです。
泉源を突き止めてみたいのは山々ですが、あいにく長靴は持ってきていませんでした。
 
イメージ 4
 
実はこの川原では、掘れば温泉が湧くと聞いています。これは遊び甲斐があるな~
なお、遊び道具として、スコップを持ってきていることは言うまでもありません。
しかし、あてずっぽに川原を掘り下げるのは、徒労に終わる可能性があります。私は周囲を凝視しました。
 
イメージ 5
 
あっ、ここはどうだろう?崖の縁にできた細長い水溜りが目に留まったのです。
 
イメージ 6
 
やっぱりね。温度を測ったら、34.5℃もあります。直射日光で雨水が熱せられただけなのかもしれませんが、
それにしては温度が高過ぎるのではないかと思いました。さて、これが温泉だと信じて、入るべきかどうか・・・
しかし、さらに周囲を凝視した結果、これが紛れもなく温泉であることを確信するに至りました。
 
イメージ 7
 
というのも、崖の割れ目から温い湯がチョロチョロと流れ出していることが分かったからです。
 
イメージ 8
 
湧出地点で測定すると、32.0℃でした。温泉法の定義を満たす、立派な天然温泉ということになります。
では、先ほど湯溜まりで測定した34.5℃との差はどう考えたらいいのか?いや、気にしないことにしましょう。
 
イメージ 9
 
という訳で、大人の水遊び開始!あ、でも水着を持ってこなかったから、これは遊びとは言えないかな(笑)
 
イメージ 10
 
ちなみに、湯溜まりにはオタマジャクシがたくさんいました。(←ドン引きだろ)
子どもの頃、バケツを片手にオタマジャクシ取りに夢中になったことを思い出しました・・・(続く)