山形県の鮭川村にある羽根沢温泉。以前から一度行ってみたいと思っていた温泉地の1つです。
近くを通る国道47号は結構利用するのですが、これまでなかなか行く機会に恵まれませんでした。
 
イメージ 1
 
羽根沢温泉には何軒かの温泉宿がありますが、正直言って活気はなく、寂しい感じは否めません。
もっとも、私のお目当ては温泉宿ではなく、こちらの多目的集会所です。広場の前に立っていました。
 
イメージ 2
 
実はこの集会所の1階部分が共同浴場になっているのです。ただし、入口が広場に面していないので、
初訪問の人には少々分かりづらいですね。この看板がなければ、ここに共同浴場があるとは気づかないかも。
 
イメージ 3
 
看板に従って回り込んでみると、共同浴場の入口がありました。冬本番に備え、雪囲いがされています。
 
イメージ 4
 
さらに回り込んで、建物を広場とは反対側から眺めてみると、面白いことに気づきました。
1階の共同浴場部分と、2階の集会所部分の間に空間があります。これはどういう意図なんでしょうね。
 
イメージ 5
 
この共同浴場は、本来地元の方のために設けられたようですが、ありがたいことに一般にも開放されています。
夏と冬で開放時間が若干違いますが、比較的長時間利用させてもらえるのはうれしいですね。
 
イメージ 6
 
なお、入浴には200円が必要です。入口のドアの脇にある料金箱に投入します。
 
イメージ 7
 
中に入ると、目隠しはなくいきなり脱衣所になっています。お世辞でも広いとは言えず、窮屈さは否めません。
あと、ちょっと困ったのは、ものすごい湿気で辺りがビチャビチャ。これでは脱いだ服を置けません。
これは、浴室の扉を開けたままにしておく人が多いことが原因だと思われます。う~む・・・
 
イメージ 8
 
浴室は至ってシンプル。長方形の湯船がポツンと・・・潔い程の素っ気なさです。でも、これがいいんですよ。
 
イメージ 9
 
源泉はこの塩ビパイプ&エルボによってコンコンと注がれています。もちろんかけ流しです。
この温泉は、当初石油が目当てで掘削されたそうなので、てっきり強烈なアブラ臭がするのかと思ったら、
意外にもそうではありませんでした。(自分の鼻が麻痺気味なのかもしれませんけど・・・)
 
イメージ 10
 
しかし、湯には消しゴムのかすのような湯花が、不気味なくらいたくさん泳いでいました。これは素晴らしい!
(浮遊する湯花の写真を撮るのは結構難しいですね~。案の定、ブレまくりでございました・・・)
 
イメージ 11
 
浴室の床は、オーバーフローした湯の成分でべっとりとしていました。やはり相当濃厚な温泉と言えそうです。
 
イメージ 12
 
実際に入ってみて、泉質の素晴らしさがよく分かりました。噂には聞いていましたが、かなりのぬるぬる感です。
まるで全身にローションを塗ったみたい。この温泉は、五感のうち、触覚を一番満足させてくれると思いますね。
なお、訪問時は多くのお年寄りで賑わっており、地元の方に愛されていることはよく分かりました。
ちなみにここで私が思ったこと。それは成人教育、特に高齢者への教育(マナー)ってやっぱり必要だなと・・・