金沢市の横山町にある温泉を訪ねてみました。兼六園からも歩いて行ける距離にあります。
 
イメージ 1
 
やって来たのはこちらの「みろく温泉元湯」です。接骨院に併設された温泉ということで楽しみにしていました。
 
イメージ 2
 
温泉病院は全国各地にありますが、温泉接骨院は結構珍しいのではないかと思いますね。
もっとも、接骨院での施術に温泉が使われているのかどうかはよく分かりませんけど・・・
 
イメージ 5
 
建物の前には飲泉所があり、誰でも自由に源泉を飲むことができます。これはうれしいサービスですよね。
 
イメージ 6
 
また、飲泉所には、路傍の立札のような分析表が掲出されていました。なかなか効能の高い温泉のようです。
 
イメージ 7
 
さて、本命のお風呂はどんななのでしょう?もちろん、接骨院の患者でなくても利用することができます。
 
イメージ 8
 
建物の中に入ってみると、レトロな木の下駄箱が壮観です。どうやらここは正統派の温泉銭湯のようですね。
 
イメージ 9
 
入浴券は券売機で購入する仕組みですが、番台は健在。昭和の文化が今も息づいていてうれしくなります。
 
イメージ 10
 
脱衣所には置き湯道具がずらり。地元の人に愛されている温泉だということがよく分かりました。
 
イメージ 11
 
浴室もまた典型的な銭湯のスタイル。こんな温泉がさりげなく町なかにあるなんて、本当にうらやましいです。
 
イメージ 12
 
湯船は3槽に分かれています。少々窮屈に感じる造りで、混雑時は芋洗い状態は必至でしょうね。
 
イメージ 3
 
湯は褐色を帯びていてなかなかの泉質。循環利用の点は残念ですが、結構満足しましたよ。
 
イメージ 4
 
なお、浴室入口付近に飲用の源泉蛇口がありました。痛風が気になる私。ゴクゴク飲んだ方がいいのかな・・・