ある夏の日のことです。いくつかの偶然が重なって、こんな沢に辿り着きました。
 
イメージ 1
 
最初は何の変哲もないただの沢だと思ったのです。しかし、いつもの習性で何となく手を浸してみると・・・
 
イメージ 2
 
何だこれ、温かいぞ!この時は本当に声に出して驚いてしまいました。(←周りに誰もいなくてよかったね)
早速温度計を取り出して計測してみると、沢の水温は32.5℃もあり、温泉法の規定を楽々満たしていました。
 
イメージ 3
 
すぐ側には、このように入浴するのに手頃な窪みもあります。まずはここに入ろうかという衝動に駆られた私。
しかし、この沢の上流部がどうなっているのかがかなり気になったので、沢を遡行してみることにしたのでした。
 
イメージ 4
 
沢の遡行といっても、沢の中をザブザブと歩いた訳ではありません。意外にも沢の脇は歩きやすかったのです。
 
イメージ 5
 
やがて河床が茶色くなり始めました。明らかに温泉成分に由来した変色です。ここは打たせ湯によさそうだな。
 
イメージ 6
 
次第に凄いことになってきました。言うまでもありませんが、この時の私は、はしたないほど興奮しておりました。
 
イメージ 7
 
これはヤバいですよ。温度はイチイチ計測しませんでしたが、見るからにアツアツの湯の川になっています。
少し前進しては、その都度目の前の光景に感嘆のため息をついた私。さらにはこんな驚くべき展開が・・・
 
イメージ 8
 
何と、塩ビパイプからの垂れ流しも。この直下にたらいを置けば、快適な入浴を楽しめるではありませんか!
 
イメージ 9
 
しかし、源泉の温度は53.3℃もあり、パイプ直下でのかけ流し入浴は諦めざるを得ませんでした。残念です。
それにしても、こんな森の奥深い所なのに、しっかり人の手が入っているんですね。さて、どこで入浴しようか?
 
イメージ 10
 
下流方向に引き返しながら入浴ポイントを探っていると、このような湯溜まりがありました。これはいいかも。
沢が堰き止められ、ちょっとした湯船になっています。川底が赤茶けていて血の池地獄の様相さながらです。
 
イメージ 11
 
湯の温度を測ってみると、50℃を下回っていました。これなら入れなくはありません。もうここに入ってしまおう。
 
イメージ 12
 
あ~、これは本当に感動ですね。暑い夏こそ、熱い温泉。避暑地の森から、暑中お見舞い申し上げます・・・