早くも冬の足音が聞こえてきたかのように冷え込んだ秋のある日、新潟県内にてフィールドワークを行いました。

イメージ 1

これまでなぜか足が向かず、スルーしていた地域にやって来ました。前方に見えてきた建物をロックオンです!

イメージ 2

周囲は静まり返っており人の気配は感じられません。それもそのはず、これは数年前に廃業した旅館なのです。

イメージ 3

こちらの旅館では自噴する冷鉱泉を浴場に使用していました。ならば源泉は今も生きている可能性があります。

イメージ 4

あっ、あれはもしかして?建物の土台の石垣の隙間からちょこんと飛び出した塩ビパイプから何か出ています。

イメージ 5

塩ビパイプに白い湯花が付着しているのが確認できました。もうこれは間違いありません。源泉は健在です。

イメージ 6

ただし温度は15.2℃しかありません。湧出量もそれほど多くないので、商業利用には不向きだったのでしょう。
塩ビパイプが突き出しているこの小屋がかつて浴室だったのでしょうか。私は中をのぞき込んでみました。

イメージ 7

何と貯湯槽でした。源泉は青白く光り、どこか神秘的なオーラを放ちます。と同時に少し不気味さも感じました。
源泉の成分の影響でしょうか、鍵が壊れていて窓が開いてしまいました。いっそのこと、ここにダイブしちゃう?

イメージ 8

いやいや、さすがにそれはやり過ぎだと思いますね。という訳で、地道にコツコツ、バケツで源泉を汲むことに。

イメージ 9

しかし、あまりにもチョロチョロ過ぎて効率が悪いので、結局、貯湯槽から直接バケツで汲ませてもらいました。
宿が廃業した今となっては、どうせただ捨てられる運命にある源泉ですからね、と都合のいい理由をつけて。

イメージ 10

さあ、準備が整いました。硫化水素臭がプンプンし、泉質はなかなか良好のようです。必要なのは勇気だけ。

イメージ 11

来年の夏まで持ち越そうかなとも思ったのですが、「据えタライ入らぬは湯ヲタの恥」と言い聞かせ決死の入浴。
でもね、これがなかなかどうして気持ち良かったんですよ。心も体も麻痺してしまったとでも言いましょうか・・・