静岡県熱海市水口町というのはどこか不思議な町です。今回ぶらり旅をしてみて、私はつくづくそう思いました。

イメージ 1

一見、ごく普通の住宅地でしかありません。しかし市内の名所を巡る「湯~遊~バス」のコースに入っています。
そう、この地区には住宅地に埋没するように激渋な温泉共同浴場が点在しているのです。確かに名所でしょう。

イメージ 2

さて、第一共同浴場での湯浴みを十分満喫した私は、この地区にあるもう1つの共同浴場へと向かいました。

イメージ 3

やって来たのは精肉店です。まさか、この精肉店で温泉に入ることができるとでも!?いや、それは違います。

イメージ 4

よく見てください。精肉店の脇に超細い通路がありますよね。ここを入っていくんですよ。これは分かりづらい!

イメージ 5

まさに路地裏の雰囲気。こういうアプローチは嫌いではありません。激渋の共同浴場への期待感が高まります。

イメージ 6

小路の突き当りの建物には、古ぼけた板切れに「公衆浴場 水口第二共同浴場」と確かに書かれていました。

イメージ 7

あまりにも敷地が狭いため、外観写真を撮ることすらままなりません。男女の浴室の扉も接近し過ぎています。

イメージ 8

この第二共同浴場も、基本的には地元住民(月極め契約者)向けの温泉なのですが、外来者も利用が可能。
第一共同浴場と同様に300円の入浴券を購入することで入ることができるのです。これはありがたいですよね。

イメージ 9

こちらの商店が入浴券販売所です。共同浴場からは少し離れた所にあります。精肉店で売れば便利なのに。

イメージ 10

でもね、この商店がまた何とも素敵だったのです。まさに昭和レトロの世界。店員さんもとても親切な方でした。
では、再び共同浴場に向かいましょう。実は温泉マニアの間では、第一よりも第二の方が評価が高いのです。
そのため、ここでも芋洗い状態か、最悪の場合、順番待ちを余儀なくされることが十分予想されたのでした。

イメージ 11

扉を開けてビックリ。扉の向こう側はもういきなり浴室になっています。そして湯船に3人入っていて超満員!
つまり、二重にビックリポンだったのです。そこで一度退散し時間を置いて再訪したのですが、状況は変わらず。
結局、混雑している狭い浴室に意を決して私も乱入し、空くまで粘り強く待ち続ける作戦に転じたのでした。

イメージ 12

それにしても、ここまで狭い共同浴場はなかなか見たことがありません。玄関も人1人が立つのがやっとです。

イメージ 13

脱衣所も激狭。脱衣所と浴室の仕切りはなく、混雑している時は、必然的に浴室で着替えることになるのです。
脱衣用の物入れはなぜか9か所もあり充実しているのですが、この浴場の定員はせいぜい大人3人でしょうね。

イメージ 14

洗い場は1つしかありません。しかも下足入れのすぐ脇です。勢いよく湯を被れば、靴が濡れてしまいそうです。
鏡の横の木箱は入浴券入れ。ここでは機能が実にコンパクトにまとまっているので、もう感心してしまいました。

イメージ 15

湯船の脇には小上がりがあります。混雑して居場所がない時は、ここに一時的に避難することもありでしょうね。

イメージ 16

粘った甲斐があり、ようやく一人きりになれる時間が訪れました。私はここぞとばかりに熱い源泉を湯船に投入。

イメージ 17

そして湯船を独占して、源泉掛け流しを堪能することができたのでした。あ~、はるばる来て本当によかったな。
コンクリート製の湯船は一見冷たく感じられるかもしれませんが、地域の方々の温もりが伝わってくるようでした。
残念なことに、この第二共同浴場も今月限りで廃止されてしまいます。長い間、本当にお疲れ様でした・・・