臨時特急スペーシア那須野号に乗って那須塩原にやって来た私。復路もスペーシア那須野号に乗車予定です。

イメージ 1

そこで、それまでの滞在時間を利用してプチ温泉巡りを楽しむことに。まず向かったのは、千本松牧場です。
どうやら人気の観光スポットらしく、駐車場はほぼ満杯。天気のいい土曜日なので、当然と言えば当然かも。

イメージ 2

実はこの牧場の敷地内に温泉があるのです。その名も千本松温泉。混雑を覚悟してその温泉へ向かいました。

イメージ 3

牧場の敷地は広く、案内看板に従って奥へ奥へと進んでいきます。途中、「温泉いちご園」と書かれた看板が。
こちらの牧場では、温泉の熱を利用していちごの栽培も行っているみたいです。栃木らしくていいと思いました。

イメージ 4

ようやくお目当ての温泉に到着。入口からかなり奥まった場所にひっそり佇んでいました。そのためでしょうか、
レストランや土産物屋はあんなに混雑していたというのに、ここまで来るとほとんど観光客の姿がありません。

イメージ 5

入浴料は大人700円とやや高めの設定となっています。観光地相場ということでしょうか。ま、仕方ないですね。

イメージ 6

少し高いけれど、せっかく那須野まで来たのだし、空いているのならここでゆっくりしていこう。そう決めました。

イメージ 7

まずは内風呂です。なかなかシンプルでいい感じですね。壁の木材と床の石材がよく調和していると思います。

イメージ 8

湯船にもまた石材を使用。いかにも肌触りの良さそうな石材で、そこに湯が注がれる様は美しいの一言でした。

イメージ 9

源泉は常時投入されています。湯口には「温泉は止めないで下さい」との注意書きが。つまりかけ流しですね。

イメージ 10

ただし、源泉温度が高いので加水されています。さらに、塩素剤による消毒も行われています。これは残念。

イメージ 11

でもね、この温泉、なかなか侮れません。わずかにですがアブラ臭がし、ツルツルとした浴感が楽しめました。

イメージ 12

お次は露天風呂へ。内風呂に比べて露天風呂のスペースは結構広く、湯船も2つありました。これは奥です。

イメージ 13

この湯船では、源泉の投入量をかなり絞って岩を伝うようにして投入。加水はほとんどないのかもしれません。
そのためかどうかは分かりませんけど、湯の落下地点では、内風呂よりも強めのアブラ臭を感知できました。

イメージ 14

土曜日の昼下がりだというのにこんなに空いていて経営は大丈夫なのだろうかと余計な心配をしてしまった私。
でも、本体の牧場が繁盛しているのなら、それでいいのかもしれませんね。那須野の空気は美味しいな・・・