私はたらいで温泉に入ることが好きなのですが、もちろんポリバスやステンバス温泉も大好きです。

ori1

だから旅先でこんな光景を見かけたら、つい興奮してしまいます。どうですか、この魅惑的な光景!
ポツンと置かれたポリバスに、錆びた源泉井戸から温泉が注がれています。側面の析出物も見事です。

ori2

ポリバスから溢れ出した温泉で、周囲は水浸しになっています。これは本当にもったいないですねえ。
さまざま角度からこのポリバスを眺めては深いため息をついた私。それは落胆のため息だったのです。

ori3

実はこのポリバス、檻に囲まれているのです。私はこのポリバスが囚人のように思えてしまいました。

ori4

何とかこの温泉を助け出したい。でも、檻を乗り越えて中に無断侵入することはさすがにできない。
私は言いようのないジレンマに陥りました。こういうのを「囚人のジレンマ」って言うの?(←違う)

ori5

ちなみに湯の温度は24.9℃とかなりの低温。もっともこの温度は檻の外の地面で測ったものです。

ori6

このジレンマ状態に対して私が導いた最適解。それはマイたらいを檻の外にセットすることでした。
では、地面をひたひたと流れる温泉を、地道にコツコツすくってマイたらいに投入しようとでも?

ori7

いえいえ、そんなことをしていては日が暮れてしまいます。それに泥が混じることは避けられません。
そこで私は持参したホースをポリバスに投げ込んでみました。何度目かのトライで見事着水に成功!

ori8

ポリバスよりもたらいの方が高さが低いので、サイフォンの原理で湯を救出できると思ったのです。
さすがに後ろめたかったですけどね。でも、どうせ地面に溢れ出す温泉なのですから許してください。

ori9

さあ、たらいに湯が溜まり始めました。サイフォンの原理って素晴らしいって心から思いましたね。

ori10

湯は無色透明ですが、ほのかに硫化水素臭がしてなかなかの泉質です。低温であることが残念です。

ori11

実は作業中ずっと小雨が降り続いていたのですが、たらいが満タンになる頃、奇跡的にも天気が回復。
ポリバスもたらいも太陽の光にキラキラ輝いて、それはそれは本当に心が洗われるような光景でした。

ori12

という訳でポリバスではなくたらいにダイブ。こんなことして自分が豚箱行になったらどうしよう・・・