温泉の持ち帰りができる温泉スタンドにはさまざまなタイプがありますが、これほど簡素なものはあるでしょうか。

stand1

道端の電柱に取り付けられた「温泉スタンド」の看板。こんなところに本当にあるのか、というロケーションです。

stand2

半信半疑で進んでいくと、ポツンと佇む蛇口を発見。どうやらこれが温泉スタンドのようです。潔いほど簡素です。

stand3

しかし、現場にはしっかり温泉分析書が掲示してありました。行政上の手続きを経た、立派な温泉ということです。
(お詫び:画像は一部加工しています)

stand4

普段、温泉スタンドはスルーすることが多い私ですが、ここには魅力を感じたので、たらいで試してみることに。

stand5

いつものことですが、たらいに源泉が溜まっていく様子を眺める時は、本当にワクワクします。たまりませんね。

stand6

源泉の温度は28.0℃とかなり低め。でも、ほのかに硫化水素臭がしますし、泉質は良好だと思いました。

stand7

さあ、たらいが満タンになりました。本当に寂しい場所で人目も気にならないので、ここで入ってしまいましょう。

stand8

あいにくの曇天でしたが、気温が高めでしたので爽快な湯浴みでした。やはり温泉はその場で入るに限りますね・・・