温泉施設が閉鎖されたとしても、源泉は健在で今も垂れ流されたままになっている、ということはよくあります。

noumin1

ある日の早朝、閉鎖された温泉施設が今どうなっているのかを確かめてみることに。夜明けを待って行動開始です。

noumin12

この旧温泉施設の敷地内には、複数の源泉井戸が存在しています。1つ目はこの奥の地面が白く染まっている辺り。
垂れ流されている濃厚な温泉の湯花で地面が白く変色しているのです。これはなかなか凄い光景ですよね。
ただし、パイロンとバーで規制されていたので無理はしませんでした。以前に来た時は近くまで行けたのですが。

noumin2

2つ目の源泉井戸はこちら。湯気を放っていて現役は確実。そこから伸びる塩ビパイプが地面に潜り込んいます。

noumin3

塩ビパイプの続きは、源泉井戸から少し離れた場所にある側溝に出てきます。そのパイプからはコンコンと源泉が!

noumin4

源泉は高温で、62.5℃もありました。その湯は未利用のまま側溝を流れ去るのみ。本当にもったいない話です。

noumin5

当然ながら、私はたらいを持参しています。これを側溝の直上に設置しました。このまま入ればミニオンドルに!?
何の目的でしょうか、巨大なコンクリートの物体が置かれていたので、たらいはその陰になるよう配慮しました。

noumin6

源泉は手桶で汲みます。効率としてはよくありませんが、高温な湯を冷ましながらのんびりと投入開始です。

noumin7

地道な作業の結果、ようやくたらいが満タンになりました。このまましばらく放置して、適温になるのを待ちます。

noumin8

これは相当濃厚な源泉ですねえ。たらいの内側が黒ずんでしまっているではありませんか。私は大興奮でした。

noumin9

そして、卵とじのような美しい湯花。数あるたらい入浴の中でも、泉質の良さはトップクラスだと思います。

noumin13

さて、たらいの湯が冷めるまでは、3つ目の源泉を調査することにしましょう。これもまた見るからに濃い湯です。

noumin15

こちらの源泉は、フェンスの向こうの民家の前の側溝に捨てられているようです。これはハードルが高いなあ。

noumin16

でも、この様子を見ると、民家にお住まいの方も、この垂れ流し温泉を汲んで利用しているみたいですね。
それなら一言お願いすれば、たらい入浴を許可してもらえるかもしれません。さあ、そろそろいい頃かな?

noumin10

おお、50℃を下回っています。これならもう大丈夫。早速この濃厚な温泉を堪能させてもらいましょう。

noumin11

これは超気持ちいい。硫黄の香りがして何とも贅沢な気分になりました。物陰で目立ちにくいのも好都合でしたし。
しばらくここで極上のたらい入浴を満喫した私。この後は3つ目の源泉にたらいで入浴する気満々だったのですが・・・

noumin17

どこからともなく現れた、パトロールの目があまりにも厳しくて、とうとう実行に移すことができませんでした・・・